カードローンとは

■カードローンは無担保融資

カードローンは個人を対象とした無担保融資のことです。融資において担保を設定するのは貸し倒れのリスクを軽減するためですが、カードローンでは担保を設定せずに融資を行うことになるため、個人の返済能力に対する信用度が重視されます。そのため、自動車ローンなどは審査が緩いですが、カードローンは審査が厳しいので、気軽に利用できるローン商品というわけではありません。

もっとも、カードローンの審査もそれほど厳格なものではなく、安定した収入さえあれば申し込むことができるというものがほとんどです。融資の審査は自動化が進んでおり、短時間で済ませることができるようになったので、利用者の幅は年々拡大しつつあります。近年では限度額を10万円に設定した学生向け、専業主婦向けのカードローンなども販売されています。

■カードローンの特徴

ローン商品は目的ローンとフリーローンに大別されます。目的ローンは住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなど、使用使途が定められているローン商品のことです。そして、フリーローンは使用使途が定められていないローン商品のことをいいます。例えば、自動車ローンであれば自動車購入資金にしか使用することはできませんが、フリーローンであれば買物でも旅行でも使用することができます。また、借り換えに使うといった選択肢もあります。カードローンはフリーローンの一つです。なお、目的ローンと比べるとフリーローンは自由に使用することができるため、金利が高めに設定されることになります。

カードローンは利用限度額以内であれば回数の上限なく借りたり返したりを繰り返して利用することができるのが特徴です。返済方法はさまざまですが、現在の主流は利用残高に応じて毎月決まった返済額の返済を続ける、残高スライド定額リボルビング方式となっています。カードローンは毎月の返済をしっかりと続けており、かつ、利用限度額以内であれば、何度でも繰り返して引き出すことができるのです。なお、カードローンを利用していなければ、当然ながら毎月の返済義務も発生しません。

事業主には不動産に根抵当権を設定し、あらかじめ決められた極度額の範囲内で銀行から自由に融資を受けられるようにしているという方もいます。カードローンはこうした事業者ローンに対する無担保型の個人向けローン商品ともいえます。

■カードローンの使い道

カードローンの使い道はさまざまです。万が一の資金不足に備えて資金調達手段として確保しておくという方もいれば、住宅ローンの優遇金利の適用を受けるために融資先の銀行のカードローンを作成するという方もいます。

スマホからカードローンを申し込んでみよう

■気軽で簡単申し込み可能

カードローンは簡単に申し込めて、気軽に借りられる便利なツールです。店頭窓口や自動契約機、電話による方法のほか、お手元のスマホからも申し込めるのをご存知でしょうか。自宅にパソコンはないけれど職場のパソコンから申し込むのは無理だし、という方も、スマホのインターネットを使って簡単に申し込みができるのです。スマホがない方はケータイのサイトから利用できる業者もあります。

もっとも、業者ごとにどのような方法で申し込めるかは異なるため、スマホから申し込める業者はある程度、絞られます。とはいえ、大手業者をはじめ、中堅業者でもスマホサイトを設けているところは増えているので選択肢には困りません。申し込み前には、手続きの一連の流れをチェックして把握しておきましょう。初めての方の場合、その後の流れが分かっていないとスムーズに進みません。

もっとも、スマホでの申し込みはとても簡単です。申し込みフォームをタップして、必要事項を入力したり選択しながら画面を進めていきます。全て済んだら送信ボタンを押し、カードローン業者から連絡が来るのを待つだけです。業者にもよりますが、一般的には本人確認や契約確認のために、スマホ宛てに電話がかかってきます。

簡単な質問に答えて、20分ほど待っていれば審査結果の連絡が入ります。審査が通れば、送られてきたメールのURLをクリックして契約確認ボタンを押せば、契約手続きが完了し、利用可能な状態になります。専用のIDやパスワードが与えられるので、それでマイページにログインし、直ぐに振り込みキャッシングも可能です。

カードの受け取りに手間がかからない

■審査待ちが最短30分!?

カードローンを利用してお金の借り入れをする場合は、専用のカードを発行するために申し込みが必要になります。ほとんどの業者ではオンラインから申し込み出来たり、審査が終わった後の借り入れまですべてのサービスがWeb完結で行っています。Web完結は手持ちのパソコンやスマートフォンから出来ますが、発送してもらった書面を書いて郵送したり、無人契約機と呼ばれる店舗に足を運んで手続きをすることも出来ます。

申し込みをして審査が終われば専用のカードが自宅まで届きますが、時間内に申し込みをすれば即日で発行してくれる業者もありますので、急ぎの方はメリットを感じるでしょう。しかし中には仕事が忙しくて自宅での受け取りが難しい、または万が一他の家族に受け取られては困るという方もいらっしゃるかもしれません。そういった場合には、契約者の都合の良い時間に合わせてカードの配達をしてくれる業者もあります。

または自宅ではなく店舗の受け取りも行っていたり、様々な方法があり便利です。店舗というのは無人契約機のことでして、窓口でスタッフの方と顔を合わせる必要はありません。急ぎでお金が必要な方や仕事が忙しくカードの受け取りが難しいという方でも、自分の都合に合わせて受け取れるシステムになります。

審査の結果が出るまでも最短30分からという業者もあり、面倒がなく時間をかけずにカードローンが利用出来ます。まずは業者の比較をしましょう。

カードローンのメリットデメリット

お金を借りる時に利用する方法が、カードローンですが良い所も悪い所も存在します。

■メリット

始めにメリットとしては、手軽に借りられる事でしょう。インターネットからも申し込みが出来る業者が増えており、審査時間も早くなっています。その為に、即日融資も可能になりますので、すぐにお金を借りたい場合には安心です一定の収入があれば誰でも借りられるので、アルバイトでもパートでもお金が借りられます。カードを所持している事で限度額まで借りられるので、一定の収入がある余裕がある時に審査を受け、そのままカードを所持して実際にお金に困った時に利用する方法もあるでしょう。銀行のATMを始め、コンビニのATMでも引き出しや返済が出来ますので、24時間好きな時に買い物のついでなどにも利用可能です。保証人の必要もありませんし、担保の必要もありません。誰にもばれずに借り入れが可能になり、家にいながら外に出る事無く借り入れが完了する場合もあるでしょう。

■デメリット

そして、気になるデメリットは、簡単に借りる事が出来るので、借りすぎる事があります。返済日をきちんと守り、計画をきちんと立ててからの利用がお勧めです。また、世間的にイメージが悪くなりますので、会社などにばれた場合は大変になります。他の目的ローンと比べると金利も高くなりますし、限度額も低く設定されているでしょう。 カードローンのメリットデメリットをしっかり把握して、賢くお金を借りる様にして下さい。

カードローンの審査に通るためのポイント

臨時でお金が必要になった時、もっとも役に立ってくれるのがカードローンです。即日融資を行っている消費者金融もありますから、お金が必要だと思った時申し込めばその日のうちに借り入れをすることも可能です。ですが、お金を借りるわけですから、当然審査に通過しなければ利用することができません。安定した収入があれば、それほど心配することはありませんが、無事に審査に通過するために次のことを気をつけましょう。

■嘘の申告はNG

まず、申込書や申し込みフォームに記入する時、絶対嘘は書かないことです。嘘とは、借入金額を低く申告したり、借り入れがないなどと申告することです。これらの嘘は、信用情報を照会すればすぐにわかってしまうことですから、まったく良い効果を生まないどころか悪い影響を与えてしまいます。貸す方にすれば、そんな嘘をつく人に貸したいと思うでしょうか。

■信用情報に記載されている

次に、普段、クレジットカードなどの支払いや携帯料金の支払いを延滞しないことが重要です。一度や二度の遅延であれば誰もが経験していることですから、それほど深刻に考える必要ありません。ですが、何度も延滞を起こしていると、それが事故情報として信用情報に記載されてしまうことがあります。そうなると、カードローンの審査に通過するのは難しくなってしまいます。

■よくある支払いの遅延

ありがちなのが携帯料金の遅延です。携帯料金に携帯端末の割賦分が含まれていることが多く、携帯料金の遅延が原因でブラックになってしまう方が多くなっています。毎日の生活で、借りたものや利用料金をきちんと支払う習慣を身につけていれば、カードローンの審査など怖がることはありません。

カードローンはそれぞれに特徴がある

最近利用者が増えているのが、カードローンです。消費者金融系と銀行系、信販系とIT系があり、それぞれに特徴があります。一番早くお金を借りたい場合には、消費者金融系がお勧めです。スピーディーな審査と即日融資でも知られており、金利が少し高めに設定されています。

クレジットカードを持っている人は、信販系が良いでしょう。返済も口座から引き落としになりますので、返済を忘れる事が防げます。安心感や信頼度で選ぶ場合は、銀行系になるでしょう。金利も安く設定されていますが、審査に厳しいのが特徴です。

最近当たり前になって来ているのが、IT系ではないでしょうか。インターネットですべてを行う事が出来るので、近くにATMが無い場合や外出が困難な場合には、良いと思います。

今では、ほとんどの金融会社で無利息期間と言う期間が設けられていますので、消費者金融でも普段は金利が高めかも知れませんが、この期間を利用すればお得に借りられるでしょう。さらに、長期借り入れには不向きな消費者金融ですが、返済回数が少ない場合はお得に借りられる様な仕組みになっています。年齢が20歳以上70歳未満で審査に通れば誰でも利用する事が出来て、アルバイトやパートなどでも一定の収入があれば審査に通りやすくなるでしょう。

無担保や無保証人で借りられ、借りたお金の使い道も目的ローンに比べると、自由です。申し込み方法も色々な方法が選べますので、カードローンを利用する場合は事前にしっかりと調べてからの利用をお勧めします。