カードローンの選び方

■バラエティーに富んだカードローン
カードローンは種類が膨大であり、どれを選択すればいいのか分からず悩んでいるといった方も多いことでしょう。カードローンの利用を検討している方の中には、長期的な資金調達手段を確保するためという方もいれば、その日の内にまとまった資金を調達する必要があるという方もいます。それぞれの置かれている状況に応じてカードローンの選び方は変わってきますが、やはり、大手の貸金業者カードローンには安心感があります。

■消費者金融系カードローン
2006年に貸金業法の改正案が成立し、その後の施行によって中小の貸金業者はかなり淘汰されていきました。現在では店頭で個人向け融資を行っている中小の貸金業者というものは激減しています。そのため、まず選択肢の中に入らないということも多いですが、中小の貸金業者は顧客確保のために収入が低かったり、信用情報に傷があったりする利用者に積極的に融資を行っているというところもあります。こうした状況下にある方は中小の貸金業者が魅力的に思えるかもしれませんが、特にカードローンを利用するのであれば大手の貸金業者を選択するのが堅実です。

アイフルなど単独で貸金業を営業している大手の貸金業者もありますが、現在では大手の貸金業者のほとんどは大手銀行のグループ傘下に入っています。強大なバックボーンがあるので財務体制は安定しており、これらの大手の貸金業者は顧客対応にも定評があります。大手の貸金業者を選択すれば、対応に不備があったり、不快な思いをすることもないでしょう。消費者金融系カードローンはアコムやプロミスなどが人気です。

■銀行カードローン
銀行カードローンはテレビのコマーシャルなどで目にする機会も多いでしょう。こうした有名な銀行は人材も設備も整っているので、使い勝手に優れています。会社が大きいほどATMなどが充実しているので、追加融資や返済も気軽に行えます。

銀行は審査に時間がかかるというのが常識でしたが、消費者金融をグループ傘下に収めたことで個人向け融資のノウハウを吸収し、スピーディーな審査で定評を得ているところが増えてきています。スピード審査に対応している銀行の銀行カードローンならば、即日融資を受けられるところもあります。銀行カードローンは有名なところでは三菱東京UFJ銀行や、三井住友銀行の人気が高く、オリックス銀行や住信SBIネット銀行もカードローンで高い評価を得ています。