カードローンの返済方式

■リボルビング払い
カードローンにはいくつかの返済方式が用意されています。カードローンの返済方式の内、代表的なものがリボルビング払いです。リボルビング払いとは、返済元本に対して利息がかけられる返済の仕方であり、借入残高が減少することで支払利息が減少していきます。

リボルビング払いは定率リボルビング方式、定額リボルビング方式、残高スライドリボルビング方式の3種類に大別されます。この内、カードローンの返済方式では残高スライドリボルビング方式がもっとも多く利用されています。残高スライドリボルビングとは、借入残高に応じてあらかじめ取り決められている金額を毎月返済するという方式です。残高スライドリボルビング方式は毎月の返済額がスライド制で返済管理が容易であり、利用限度額の範囲内ならば何度でも繰り返し追加融資を受けることができるカードローンに最適な返済方式とされています。そのため、ほとんどのカードローンは残高スライドリボルビング方式を採用しています。

しかし、残高スライドリボルビング方式は元金が減少しにくいというデメリットがあります。超長期間に渡ってカードローンを利用するとなると金利の低さというメリットも薄れてしまうので注意が必要です。

■元利均等払い
元利均等払いは元金と利息を合わせて算出した一定の返済金額を毎月返済していくという返済方式です。元利均等払いは住宅ローンの返済方式として代表的であり、長期的な返済に適しています。ただし、元利均等払いでは返済当初は利息を返済することになるので、返済を始めてからしばらくは元金が減りにくいです。

■元金均等払い
元金均等払いは返済期間中の支払元金を一定に保つことにより、返済を行うことで元金が減少して利息が減り、返済が進むほど返済額が減少していくという返済方式です。しかし、カードローンは途中で追加融資を受けることが多いので、元金均等払いはあまり選択されていません。

■分割払い
長期の返済において一般的となっている返済方式が分割払いであり、カードローンも分割払いで支払いを行うことは可能です。しかし、カードローンではあまり分割払いは選択されません。というのも、カードローンの分割払いにおいては、当初の元金にかかる金利が元金に上乗せされたものが分割されることになるため、減少する元金に対する金利を支払う方式と比べると総支払額が大きくなるためです。また、分割払いはカードローンの利用ごとに都度計算されて算出されるため、返済管理が困難となります。こうした理由から、カードローンでは分割払いは不人気なのです。