カードローンとフリーローンの違い

■カードローンはフリーローンよりも柔軟性が高い
フリーローンは使用使途に制限がないローン商品のことです。住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどは使用使途が決まっていますが、フリーローンはどのような支払いにも使用することができます。カードローンも使用使途に制限がないローン商品であり、広義においてはカードローンはフリーローンの一つであると考えられます。

しかし、銀行ではカードローンというローン商品の他、フリーローンというローン商品の取り扱いも行っています。別個のローン商品とされていることからも分かるように、厳密にはカードローンとフリーローンにはいくつかの違いがあるのです。

カードローンは利用限度額以内であれば何度でも繰り返し利用できるのが特徴です。カードローンの支払い方法はさまざまですが、毎月に5千円や1万円などの定額返済を続ける残高スライド定額リボルビング方式が現在主流となっています。そして、残高スライド定額リボルビング方式では毎月の返済を滞りなく行っていれば、利用限度額以内であれば自由に借入を行うことができるのです。

フリーローンはカードローンほど自由に借り入れを行うことはできません。フリーローンで100万円の借入を行った場合、100万円を一括で全額受け取ることができますが、それ以降は毎月返済していくのみとなります。例えば、カードローンでは返済して利用残高が80万円になれば、あと20万円まで新たに追加融資を行うことができます。しかし、フリーローンでは追加融資はできません。フリーローンで追加融資を希望する場合、新しく契約を行い、審査を受ける必要があります。

■フリーローンと比べた場合のカードローンのデメリット
カードローンの利便性はメリットとして働くこともあれば、デメリットとして働くこともあります。カードローンは何度でも繰り返し利用できるので、計画的に利用しなければ何時まで経っても完済することができません。実際、カードローンの利用者には完済できないまま破綻してしまうという方が多く見られました。カードローンは利便性が高いですが、借りたお金はもちろん返さなければならず、利用限度額ぎりぎりまで借りてしまうと何十年もの長期間に渡って返済生活を強いられることになります。

フリーローンは追加融資ができないため、毎月の返済を行えばその分だけ借入残高は減っていきます。また、フリーローンはカードローンと比べると借金をしているという感覚が強いので、きっちりと完済できる方が多いようです。一時的に資金が必要というのであれば、カードローンよりもフリーローンを選択した方がいいかもしれません。