カードローンの審査に落ち続ける人の特徴

■現在と過去の借入の影響
一般的に、カードローンは審査が厳しいとされていますが、一般的なサラリーマンくらいの収入を得ていればほぼ利用することができるとされています。安定収入があるにも関わらずカードローンで審査落ちしてしまうという場合、収入面の他に問題がある可能性があります。

まず、現在の借入には注意する必要があります。例えば、すでに住宅ローンや自動車ローンを組んでおり、毎月返済を行っているような場合、それも加味してカードローンの融資が実行できるかどうかが判断されるからです。消費者系金融ローンは貸金業法の総量規制により、年収の3分の1以上の融資は実行できないと定められています。銀行カードローンは貸金業法の対象外ですが、毎月の収入に対して現在の借入の返済額の割合が大きいとやはり審査に落ちる原因になります。また、借入件数が多い方も返済不能に陥る可能性が高いと判断されてしまうので注意が必要です。もし今となっては利用していないカードローンなどがある場合、審査前に解約をしておいた方がいいでしょう。

その他、過去に返済遅滞や金融事故があった場合も著しく審査に不利になるので、返済はきっちりと行うようにする必要があります。

■勤続年数の影響
転職をしてまだ間もなく、勤続年数が短いような場合はカードローンの審査には不利になります。勤続年数が短いとすぐまた再転職をしないとも限らず、収入が現在よりも激減してしまう可能性が懸念されるからです。しかし、公務員や大企業の会社員など、勤務先が経済的に安定している環境であれば勤続年数が短くても前向きに審査をしてくれるところが多いようです。

また、開業したばかりの自営業者であったり個人事業主などは収入が不安定と判断されるので、カードローンの審査も非常に厳しいものとなります。

■申込み回数の影響
カードローンに立て続けに申し込むと、審査に悪影響を及ぼすことになります。というのも、短期間に申込みをするということはすなわち、今まさに資金繰りに難航している切羽詰まった状態であると金融機関からは推定されてしまうためです。具体的には、1ヶ月で3件以上カードローンの申し込みをしているような方はブラックリスト入りをしてしまうとされています。

短期間に申込みを繰り返すと更に審査に通りにくくなるという悪循環に陥ります。一度カードローンの審査に落ちたら、自分の返済能力に対する信用度を金融機関にどう見られているかについて考え直してみた方がいいでしょう。