カードローンの利用限度額を増額する方法

■カードローンの利用限度額
カードローンは何度でも繰り返し追加融資を受けることができますが、借入残高の利用限度額はあらかじめ設定されています。それ以上の金額を引き出す必要がある場合、利用限度額を増額しなければなりません。

カードローンの利用限度額はクレジットカードの機能であるショッピング枠などとは異なり、利用実績によって自動的に増額されるということはありません。カードローンの利用限度額を増額するためには金融機関に申込みを行う必要があります。そして、申込みでは増額が適当かどうかの審査が行われることになります。

■カードローンの増額の審査
カードローンの取得のための審査でも、カードローンの増額のための審査でも、審査基準は基本的には変わりません。収入や勤務先の規模などの他、信用情報を照会して現在の返済状況や過去の返済履歴などについて確認を行い、利用限度額の増額が妥当であると判断されれば可決が出されることになります。また、利用限度額の増額を行う場合、収入証明書が必要になってくることもあるでしょう。

ただ、カードローンの増額の審査においては、これまでの利用傾向も参考にされるとされています。具体的には、現在利用中のカードローンで一度でも返済遅滞があった場合、利用限度額の増額は困難になります。また、何時も利用限度額一杯まで融資を受けており、少しだけ返済をしてまた利用限度額一杯まで融資を受けるといった使い方をしている方も難色を示される傾向にあるようです。

クレジットカードのショッピング枠の増枠においてはこれまでの利用実績がプラスに働きますが、カードローンの利用限度額の増額においてはこれまでの返済状況や返済履歴がプラスに働くことはほとんどありません。つまり、クレジットカードのショッピング枠の審査は加点式ですが、カードローンの利用限度額の増額の審査は減点式ということです。

■複数のカードローンを利用するデメリット
利用限度額の増額ができないので、仕方なく複数のカードローンを利用しているという方も少なくないことでしょう。しかし、カードローンは利用限度額が低いと金利が高くなるものなので、こうしたカードローンの使い方をしていると経済的負担が大きくなってしまいます。また、複数のカードローンを利用すると返済管理が難しくなり、返済遅滞を引き起こす可能性が高くなるというデメリットもあります。まとまったお金が必要ならば、カードローンの増額を申し込むか、他の資金調達手段を検討することをおすすめします。