利息を頭に入れて賢くカードローンを利用する

■カードローンの利息の計算方法
カードローンは元金と利息をあわせて返済していきます。元金はカードローンにおいて実際に借入を行った金額のことであり、利息は元金に一定の利率、すなわち金利をかけて出される手数料を指します。

元金と金利が分かれば、カードローンでどれくらい利息を支払うことになるかを計算することができます。なお、キャッシングローンは借入日数に応じて利息が発生するので、何日借りたかも計算に含まれることになります。利息の計算式は『(元金×金利)÷365×借入期間』です。

元金60万円の年利12パーセントのカードローンにおいて、借入期間が60日の場合の利息は11,836円ということになります。この条件のカードローンを30日で完済した場合、利息は半分の5918円になります。カードローンを含めて、ローンは借入期間が短ければ短いほど負担する利息は少なくなります。

カードローンの返済は基本的に約定返済であり、約定返済とは定められた支払日、すなわち、約定日に定額の支払いを行うという返済方法です。約定返済は常に支払う金額が変わらないので経済的負担が少なくて済むとされています。しかし、約定返済では元金が減りにくいため、そうなると利息が大きくなって支払総額が増えるため、結果的に経済的負担を強いられることに繋がります。

■無利息カードローン
貸金業というものは利息で儲けるビジネスモデルです。そのため、利息がない借入というものは本来存在しないのですが、世の中には無利息でカードローンを提供しているところもあります。

もっとも、無利息カードローンは無条件に無利息で融資を受けられるというものではありません。条件として、無利息カードローンの無利息サービスは金融機関が定める一定期間に完済した場合のみと定められています。無利息カードローンの多くは30日間から60日間程度の無利息期間を設けており、この期間中は利息なく融資を受けることができます。利息を計算する必要がないので返済管理が容易であり、カードローンでお金を借りてもお金が入ったらすぐに返すような使い方をしている方にとってはまさに最適なカードローンと言えるでしょう。

現在、無利息で利用できるカードローンのサービスを提供しているのはアコムとプロミスのみとなっています。しかし、アコムとプロミスは大手の消費者金融でサービスには定評があり、ATMの設置数も多いので、無利息カードローンは使い勝手の面でも問題はないでしょう。