カードローンとキャッシングの違い

■カードローンは小口融資にも大口融資にも対応
カードローンとキャッシングはどちらも融資商品であり、ほとんど同じものとして扱われることも少なくありません。しかし、カードローンとキャッシングにはいくつかの違いがあります。

キャッシングはクレジットカードに付帯しているキャッシング機能が一般的にも馴染みがあります。クレジットカードは旅行などにおいて、現金を持ち歩くことのリスクを回避するためのトラベラーズチェックが発展して生まれた商品です。元々、クレジットカードはショッピングのためのカードでしたが、時代のニーズに応じてキャッシング機能が付帯するようになりました。クレジットカードは基本的に翌月一括払いであり、この特徴はキャッシング機能にも引き継がれています。

キャッシングは一括返済ができる小口融資のことであり、限度額は最大で50万円くらいまでとなっています。少額であれば1万円単位での利用が可能です。カードローンは少額融資もありますが、大口融資も用意されています。少額融資は数十万円程度ですが、大口融資ならば数百万円もの借入を行うことが可能です。金額が大きくなることもあるので、ほとんどのカードローンの返済方法はリボルビング方式となります。

■カードローンとキャッシングの使い分け
銀行によってさまざまですが、基本的にカードローンを利用する場合は普通預金口座と専用口座を作成することになります。そして、専用口座は引き出しに、普通預金口座は引き落としに使用されます。引き落としは残高スライド定額リボルビング方式が主流であり、これはカードローンの残高によって支払金額がスライドするものの、基本的には定額のリボルビング払いになるというものです。

カードローンの金利は利用限度額が大きいほど低くなり、利用限度額が少ないほど高くなります。どちらにしても、カードローンはキャッシングほど金利が高くなるということはありません。カードローンは長期返済を前提としており、キャッシングは短期返済を前提としているからです。

カードローンは長期間に渡って資金調達手段を確保する必要があるという方に適したローン商品と言えるでしょう。対して、キャッシングはちょっとしたショッピングなどでお金が必要になった時などに最適です。

なお、カードローンは金利が低いため、確実に返済ができると見込まれる信用度の高い方しか利用はできません。キャッシングと比べると、カードローンの審査は厳し目になります。