カードローンのメリット

■カードローンは利便性が高い
カードローンはテレビのコマーシャルなどでもよく紹介されており、現在では身近な資金調達法として広く利用されています。これほどまでにカードローンが普及しているのは、メリットとして利便性の高さがあるからです。カードローンは一度審査を通過し、カードローンを所有することができれば繰り返し融資を受けることができます。前回の借入が完済していなくても、カードローンならば追加融資を受けることができるのです。

ATMに足を運べば何時でも現金を引き出せるというのはとても便利です。具体的には、冠婚葬祭などで急に出費が必要になった時などに利用できます。また、カードローンは返済もATMで行うことができるので、面倒な手続きを踏む必要はありません。ATMは金融機関に設置されているATMだけでなく、コンビニエンスストアなどに設置されているATMも利用することができます。

また、カードローンは申込みも簡単であり、インターネットで申し込みができる銀行や消費者金融が多くなっています。ほとんどのカードローンは24時間365日、年中無休で申し込みを受け付けているので、仕事で忙しい社会人なども利用しやすくなっています。パソコンやスマートフォンさえあれば申し込みができ、早いところであれば即日融資が受けられるところもあります。なお、ローン商品は担保や保証人を設定しなければならない場合がありますが、カードローンによる借入は金融機関が契約している保証会社が保証するため、利用者が担保や保証人を設定する必要はありません。こうした気軽さもカードローンの人気に一役買っているといえます。

ローン商品というものは自動車ローンや住宅ローンや教育ローンなど、使用使途が決まっているものも少なくありません。こうしたローン商品のことを目的ローンといいます。これに対し、カードローンはフリーローンに分類されるローン商品であり、さまざまな目的に使用することができます。趣味の買物や旅行に使用したとしても、銀行や消費者金融から咎められることはありません。また、事業主であれば事業資金調達にも使用することが可能です。

カードローンは担保や保証人を設定しないため、融資が受けられるかどうかは個人の返済能力に対する信用度次第ということになります。カードローンは審査が厳しいとされていますが、安定した定期収入のある社会人であれば基本的に誰でも利用することが可能です。